ROOKIE STORY2021

高い志を持った11名がBRAVE FOXESに入部

rookie-removebg_edited.png

昨年35年振りの北海道チャンピオンに返り咲いたBRAVE FOXESー勇敢な北狐ーに11名のルーキーが入部する。コロナ禍のなか監督を中心にSTAFFが東北の地へ足を運びOBやスカウト陣と幾度なく情報交換を行いながら最終的に本学バスケットボール部へ4名の東北出身プレーヤーが誕生した。訪問当初は知名度が低く、リクルートした高校生選手からチームの方針や練習に対する姿勢など不安に感じた部分の質問を受け、インカレ出場を目指すといいながら、目標と部員一人一人のバスケッボールに取り組む価値観のズレなどチームとして至らない部分は真摯に受け止め改善に努めることができたことが幸いだった。

 

 北海​道内選手のスカウティングは例年に比べて選手の情報を満足に掴めないなか、本学でのプレーを本人自ら強い意志を持って志願した選手が多かったのが今年の特徴であった。

そして北海道1位代表として出場した”インカレ2020”試合会場はバスケットボールの聖地ともいえる国立代々木競技場 第二体育館で行われた。入学を決意したルーキー達は固唾を呑んで王者東海大との一戦を見守り、”爪跡を残し"北海道に帰ったチームの背中をしっかりと感じいてくれたことを後に知ることになる。それが功を奏してなのか?ルーキー達は直ぐにチームにとけ込み、先輩選手とのコミュニケーションも良く、集中した練習に取り組むことができている。

恒例の自己紹介では、将来に向けた勉強への取り組み方や大学バスケッボールへの豊富など元気よく先輩やSTAFF陣にも語ってくれた。

まもなく2021年 新体制が本格的にスタートする。