top of page

卒業生への感謝と後輩への期待 – 星槎道都大学男子バスケットボール部、新たなステージへ

3月15日、星槎道都大学の男子バスケットボール部は、卒業する4年生選手に対し、後輩から感謝の気持ちを込めたメッセージやプレゼントが贈られました。これは卒業生が今後の社会で活躍することを願い、後輩達に模範となる存在であることを示す象徴的な瞬間でした。




卒業生たちは、4年間チームのために尽力し、後輩たちに貴重な経験や知識を伝えてきました。彼らが学んだチームワークやリーダーシップ、努力や根気強さは、これからの社会人生のどこかで役立つことでしょう。卒業生は、バスケットボール競技のみならず、脳科学や心理トレーニングで培った思考整理とメンタルの整え方を活かし、社会生活の様々な分野で活躍することを目指しています。


昭和・平成・令和と続くインカレ1勝を目指して学んできたこと

  1. パフォーマンスの向上:選手のパフォーマンスは、身体能力だけでなく、メンタル面も大きく影響します。メンタルトレーニングは、自己イメージの強化や自信の向上、集中力の維持など、精神面での安定を図ることができます。これにより、プレッシャー下でもベストなパフォーマンスを発揮することが可能となります。

  2. ストレス管理:スポーツ選手は、試合や練習でのプレッシャーや疲労、競争相手との対抗心など、多くのストレスにさらされます。メンタルトレーニングや脳科学トレーニングにより、ストレスの原因を特定し、適切な対処法を身につけることができます。これにより、選手の心身の健康を維持し、長期的な活躍が可能となります。

  3. 意思決定能力の向上:スポーツにおいて、迅速かつ正確な意思決定は極めて重要です。脳科学トレーニングは、選手が状況を正確に把握し、適切な行動をとる能力を鍛えます。これにより、試合中の判断力が向上し、チーム全体のパフォーマンスが高まります。

  4. チームワークの強化:メンタルトレーニングは、コミュニケーション能力やリーダーシップを向上させることができます。これにより、チーム内の信頼関係が強化され、より効果的な協力が生まれます。また、脳科学トレーニングは、選手間の共感能力を高めることができるため、チームの一体感を向上させます。

  5. モチベーション維持:メンタルトレーニングは、選手の目標設定やモチベーション維持に役立ちます。明確な目標を設定し、それに向かって努力することで、選手の成長意欲が高まります。また、挫折や失敗を経験した際にも、自己肯定感を維持し、前向きな気持ちで取り組みを続けることができます。モチベーションの維持は、長期的な成功にとって重要であり、メンタルトレーニングがその土台を築く役割を果たします。


今回の贈呈式では、後輩たちが心を込めて作成したメッセージカードや、思い出の写真、共に過ごした日々を象徴するプレゼントが渡されました。これは、卒業生がこれまでの活動を通じて築いた絆と後輩たちに対する愛情を示すものであり、少し照れくさく感動的な瞬間となりました。


後輩たちは、卒業生から受け継いだバトンをしっかりと受け止め、これからも部活動に励むことを誓いました。彼らは卒業生の偉業を目指し、更なる高みを目指す意気込みを見せました。


北の怪物君で親しまれた 第40代キャプテン 伊藤修平から後輩へ託すメッセージ


高校生選手や保護者の皆様へ、この記事を通じて星槎道都大学バスケットボール部の卒業生への感謝と後輩たちへの期待を伝えたいと思います。今後も彼らが築いた絆や学んだ技術を大切にし、社会で活躍する姿を応援していただければ幸いです。星槎道都大学バスケットボール部一同、これからも成長と挑戦を続けて参ります。

Commentaires


bottom of page