ロゴマーク.png

インティグリティ(誠実さ、真摯)の精神を育み

人間性を高め『ONE TEAM』で目標を達成

​主体性あるチームづくり

課題解決力でチームを進化させる

ルールと役割で責任感を強くする

信頼関係を築きチームワークを高める

目標設定で個々のやる気を引き出す

コミュニケーションを高めるチーム

令和に変わり新体制がスタート

tuumekantoku.JPG

 男子バスケットボール部は、目標の”全国で通用するチーム”になるべく、努力を続け近年成長しています。目標の前段として”北海道で心身ともにナンバーワンの学生”になることを掲げ、インティグリティ(誠実さ、真摯)の精神を育み、人間性を高め『ONE TEAM』で目標を達成できるよう練習に励んでいます。

 2020年   北海道大学バスケットボール選手権大会において全勝優勝。全日本大学バスケットボール選手権(インカレ)に出場。インカレでも爪跡を残すことが出来ました。これからは、さらなる目標を掲げ(全国で勝つチーム)を目指します。本学で人間性を高め豊かな心をはぐくみ、星槎道都大学からインカレに出場して勝利を目指そう!

​また、2021年度から女子バスケットボール部が発足いたします。最短でインカレ出場を果たす目標掲げて日々の練習に精進します。

男子バスケットボール部監督兼Hコーチ

​津梅 直哉

バスケットボール×活動=生きる力を身に着ける

大学バスケットボールチームとしての自覚を基に、地域に根差した普及活動や交流活動を支えます。

中学生や高校生プレヤーから一緒にやってみたいと思われるチーム。バスケットボール関係者や保護者が自分の子どもたちに「星槎道都大学のバスケットにチャレンジさせてみたい」と言われるチームを目指します。

北海道内外から選手をスカウトしています。

監督・スカウト担当が直接自分の目で確認した選手に案内していますが、全てを見て回ることができません。自分こそチャレンジしてみたい思う方もお問い合わせください。

星槎道都CUP

​夏合宿の開催

本学バスケットボール部主催の星槎道都CUPや

秋田県三種町でお世話になっている夏合宿では

​高校生チームと試合を行っています。

入学時に医療サポートスタッフが科学的知見によるメディカルチェックや体力測定を行っています。また、トレーナー指導の下で全国で戦える身体づくりに関するサポートを包括的に行っています。

高度なスキル

​トレーニング

​選手のITリテラシー向上に関するワークショップ開催、ITツール積極的に活用しスキル向上を目的としたトレーニングを実施します。

人材育成

人が育てば社会が育ちます。

社会で活かせる学びの機会をバスケットボールを通して考える習慣をつけ、個人の成長とチームの成長をシンクロさせます。

高校生プレーヤーにとって進学先のチームイメージや雰囲気、練習時間や学業(本業)などについて不安になることが沢山あると思います。

​現役の選手(先輩)がどんな考えを持って日ごろの練習に取り組んでいるのか?

NORTH MORE+ Hokkaido様から北海道の学生スポーツをはじめその他さまざまな活動を応援する取材を受けましたのでご参考ください。

 

情報技術(IT)の高度化、学生自身による創意工夫、ニーズ(BASKETBALL)の多様化などを背景に、学生スポーツを取り巻く変化のスピードは待ってくれません。また、コロナ禍で環境変化の激しさが増す一方で、「次世代を担う選手の育成」が星槎道都大学バスケットの生命線となります。そうした環境の中で生き残っていくためには、新しい価値や環境を生み出し続けながら、今まで以上に部員充実度の指数を向上しなければなりません。それを実現するためにチームを支えるメンバーのモチベーションを引き出すことが不可欠です。

モチベーション.png

部員の平均的な1日のスケジュール

1日のスケジュール(A).png